脱力的花粉症対処法

脱力的花粉症対処法

 

花粉症への対処法。

かゆくなる直前にカラダをリセット。

これって武術と同じ。

カラダの変化に気づいて、脱力。

ちゃんと脱力すれば、カラダはリセットされる。

 

花粉症になって、20年近く経つ。

今年は去年より、花粉の量が多い気がする。

ただ、数年前から目薬も点鼻薬も使っていない。

目鼻がかゆい時もある。

でも、薬が無いとツラくて耐えられない、 なんてことはない。

症状は年々、軽くなってる。 

 

花粉症がアレルギーだってことは、みんな知ってる。

じゃあ、アレルギーが免疫の過剰反応だってことは?

…まあ、花粉症の人は知ってるか。

いや、別に医学的知識をどうこう言いたいわけじゃない。

知っての通り免疫ってのは、

カラダをいろんなものから守る仕組み。

一度風邪をひくと、同じ風邪にはかからないよね。

これは、風邪のウィルスを免疫系が退治してくれるから。

普通の風邪なら、これで良いんだ。

 

でも、アレルギーはちょっと違う。

花粉はそこまでカラダに害のあるものじゃない。

なのに、免疫系が必死に抵抗しすぎて、

目がかゆくなったり鼻水が出たりするんだ。

ということは、花粉症を抑えようとおもったら、

花粉に対するイメージを変えなきゃ。

花粉を症状の原因だと思って嫌がるほど、

花粉症はひどくなる。

免疫系は嫌なものから身を守ろうとするから。

ここは大切だから、もう一度書くよ。

花粉を嫌がるほど、症状はひどくなる。

 

だから、花粉や花粉症を嫌がることをやめてみた。  

あわせて、目薬や点鼻薬もやめた。 

何年か前に、実験的に。

最初はキツかったけど、2年目からは慣れた。

コントロールできる範囲に治まってきた。

 

やってることは本当にシンプル。

ちゃんとカラダに意識を向けてみると、

痒くなる時には、目や鼻の周り、頭に意識が集まってる。

それに引っ張られて、重心も浮き上がってる。

だからまず、重心を元の位置に戻す。

そして、重心に合わせるように脱力。

ただそれだけで、カラダは普通の状態に戻ろうとする。

 

ポイントは、症状をコントロールしようとしないこと。

あくまでも、重心のコントロールと脱力。

「症状」を「相手」と言い換えれば、

そのまま武術と同じなんだ。

 

P.S.

もっと多くの方に来て頂いて,
より幅広く学べる環境。

さまざまな取り組みをされている人たちが、
「脱力」というキーワードで交流できる場所。

武颯塾大阪支部と神戸修練会を、
そんな場所にしていきたいと思っています。

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

修練参加でも、質問でも何でも結構です。

ピンとくるものがあれば、
遠慮なくメールをください。

musou-tensei@eurus.dti.ne.jp
楽しみにしております!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身体の在り方が映像で見られます。

「太極拳・基本練功 第1巻 発勁体得 [DVD]」



「太極拳・基本練功 第2巻 内功推手 [DVD]」



「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

明石~神戸で鍼灸・整体の施術をご希望の方はこちら

大谷鍼灸整体

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です