スリルと疾走感あふれるストーリー

スリルと疾走感あふれるストーリー

こんにちは、ワタルです。

本当に久しぶりに小説を読んだので、
今日はその感想を書きます。

作者の垣根涼介さんは、
お気に入りの作家さんの一人です。

初めて読んだ彼の作品、

「ヒートアイランド」

で、一発で彼の世界に引き込まれました。

クールな肉体派のアキと、
ホットな頭脳派のカオル。

この二人のコンビを中心に、
4つのギャングのリーダーやいくつもの暴力団、
さらには裏金強奪のプロフェッショナルまで加わって、
スリルと疾走感あふれるストーリーが展開していきます。

買ったのはもう随分と前の話なのですが、
帰りの電車の中で読み始めて、
家に帰って夕食も食べずに読み終えて、
また最初に戻って読み始めたことを、
こうやって書きながら思い出しました。

その翌日か翌々日には二回目を読み終えて、
次に買ったのが彼のデビュー作である、

「午前三時のルースター」

です。

「ヒートアイランド」の興奮が覚めないままに読んだのですが、
この作品もテンポ良く読み終えてしまいました。

高校生の慎一郎と、
旅行会社の営業マンである長瀬。

大人になろうとしている高校生と、
大人として自立したガイド。

この二人の掛け合いが、
読んでいてとても心地よかったです。

この二つの作品に共通しているのが、

「大人であることとはどういうことなのか?」

という問いかけです。

どちらの作品においても、
未成年の主人公は「周りの大人」に対して、
強烈な反感をもっています。

そんな彼らが、
片方はガイドとして、
もう片方は敵として、

「本物の大人」

と向き合う。

そこに両作品の面白さがあるのだと思います。

もうひとつ共通点を挙げるとすれば、

「車の描写が細かい」

ということw

作者である垣根さんのホームページを見るとわかりますが、

「車大好き!!」

って気持ちがビシビシと伝わりますよね。

トップページの写真もカッコいいです。

そんな彼のデビュー作と第2作がコラボしたのがこの、

「BORDER-HEAT ISLAND Ⅳ」

なのです。

内容については垣根ファンの間でも賛否両論あると思いますが、
私としてはアキやカオルと慎一郎が絡んだだけで、
十分に楽しめました。

これって以前の記事で紹介した、

「スターシステム」

ですよね。

完全に術中にはまっていますw

というわけで、
もしこのブログを見て読んでみようかと思ったら、
ぜひ、

「午前三時のルースター」

と、

「ヒートアイランド」

を読んでからにしてください。

面白さが断然違ってきますから!!


P.S.

もっと多くの方に来て頂いて,
より幅広く学べる環境。

さまざまな取り組みをされている人たちが、
「脱力」というキーワードで交流できる場所。

武颯塾大阪支部と神戸修練会を、
そんな場所にしていきたいと思っています。

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

修練参加でも、質問でも何でも結構です。

ピンとくるものがあれば、
遠慮なくメールをください。

musou-tensei@eurus.dti.ne.jp
楽しみにしております!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身体の在り方が映像で見られます。

「太極拳・基本練功 第1巻 発勁体得 [DVD]」



「太極拳・基本練功 第2巻 内功推手 [DVD]」



「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

明石~神戸で鍼灸・整体の施術をご希望の方はこちら

大谷鍼灸整体

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です