「太極拳」を「空手」に活かす

「太極拳」を「空手」に活かす

昨日の修練で嬉しかったことのもう一つが、
以前体験された方が修練に来てくれたことです。

7月の記事「おめでとうございます!!」
でほんの少しだけ触れたのですが、
空手をやっている小学生とそのお母さん。

体験の時にも見せてもらったのですが、
昨日も演武を見せてもらうようお願いしました。

全国大会で入賞するだけあって、
身体は柔らかいし、
動きのキレも素晴らしい。

型の中に出てくる肘打ちなんかは、
大人顔負けです。

ただ本人やお母さんが言うには、

「ゆっくりした動きが上手くできない」

そうです。

確かに柔らかく受けていると思われる動きになると、
全身の連動性が無くなってしまうように見えました。

そういった部分を直したくて太極拳を修練したいとのことですが、
一度体験に来ただけの私のところに来てくれて、
本当にうれしかったです。

たった一時間程度の体験でも、
ちゃんと伝わるものがあるのですね。

やはり出来るだけ多くの方に、
体験だけでも来てもらいたいと強く感じました。

話を動きに戻すと、

「ゆっくりした動き」

というのは意外に難しいのです。

なぜなら、
誤魔化しがきかないから。

動作の初めから終わりまで、
自分の中に「嘘」が無いように動く必要があるからです。

一般的なスポーツでは、

「より速く動ける」

ことに価値がある場合が多いですが、

太極拳においては、

「よりゆっくり動ける」

ことに価値があるのです。

そして今までよりもゆっくりと動けるようになった時、
速い動きの質も変わってきます。

その理由は、ゆっくり動く中で、
より多くの情報を身体から得られるように修練するから。

それによって得た情報量が、
速く動いた時に大きな力となるのです。

脱力をベースとした太極拳の修練は、
もしかすると小学生には理解しにくい部分があるかもしれません。

ですがその部分をお母さんが補ってあげれば、
きっと空手の役にも立ちます。

ゆっくりとした手先の動きを学ぶことで、
速い打突の質も上がるのです。

「太極拳を空手に活かす」

とても興味深く取り組ませてもらいます。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

明石~神戸で鍼灸・整体の往診をご希望の方はこちら
musou-tensei@eurus.dti.ne.jp

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~


P.S.

もっと多くの方に来て頂いて,
より幅広く学べる環境。

さまざまな取り組みをされている人たちが、
「脱力」というキーワードで交流できる場所。

武颯塾大阪支部と神戸修練会を、
そんな場所にしていきたいと思っています。

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

修練参加でも、質問でも何でも結構です。

ピンとくるものがあれば、
遠慮なくメールをください。

musou-tensei@eurus.dti.ne.jp
楽しみにしております!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身体の在り方が映像で見られます。

「太極拳・基本練功 第1巻 発勁体得 [DVD]」



「太極拳・基本練功 第2巻 内功推手 [DVD]」



「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

明石~神戸で鍼灸・整体の施術をご希望の方はこちら

大谷鍼灸整体

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です