現状を把握し続ける

最近の修練で感じることは、

「現状を知る」

ことが本当に大切だということ。

武術の技を掛けるという状況においては、
どうしても相手をどうにかしようとしてしまいます。

それでうまくいかなくて力を抜こうとすると、
今度は自分が無くなってしまう。

ここが脱力修練の難しいところだと思うのです。

これは結局、

「相手を動かす」

という意識の表裏。

この前提となる意識が変わらない限り、
「力む」か「腑抜ける」かの二者択一になってしまいます。

それなら当然、
筋力でやった方が強い。

力を抜いたら弱くなってしまうという感覚は、

「相手を動かす」

という意識においては当たり前のことなのです。

しかし事実として、
脱力して常人離れした能力を発揮する人がいる。

そういう人たちは、
本当に年齢や性別に関係のない「力」を使っています。

「脱力しているから強い人」と、
「脱力しようとすると弱くなる人」がいるわけです。

この差は一体どこにあるのでしょうか?

私はそれが、

「意識の違い」

にあると感じています。

もちろん武術の技ですから、
結果的には相手が倒れるようなことになるわけです。

ただ、そこに至る過程というか、
意識の在り方が異なるのです。

普通は先に書いた通り、

「相手を動かす」

ということだけにフォーカスしてしまいます。

これは腑抜ける場合も同じです。

「相手を動かす」という前提の中で力を抜くから、
結果として腑抜けてしまうのです。

修練において技が上手く掛からない時は、
このような意識になってしまっています。

ところが上手くいくときはそうではない。

上手くいくときは、

「相手を動かす」

ということよりも、

「今、自分と相手はどのような関係にいるのか」

ということに意識が向いています。

これはつまり、

「現状を知る」

ということをしているわけですね。

そして武術の技においては、
形が刻々と変わるわけです。

それはつまり、
相手との関係性が変わり続けるということ。

「途中までは上手くいくけれど、
最後まで技がかからない」

という場合は、
この変わり続ける関係性を捉えきれていないのです。

だからこそ動きを一連の技として成立させるためには、

「現状を把握し続ける」

ということが絶対に必要なのです。

そしてこれは、

「目標達成」

についても同じことが言えると思います。

以前に立てた目標が、
今の時点でもゴールであるとは限らない。

現在まで続けている努力が、
今後も必要なものだとも限らない。

「行動する自分」と「現状把握する自分」

この両立が大切なのだと、
今、切実に感じています。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

明石~神戸で鍼灸・整体の往診をご希望の方はこちら
musou-tensei@eurus.dti.ne.jp

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

調子に乗ってみる

何となく最近思うのです。

「調子に乗ってみようかな」

って。

特に具体的な何かがあるわけではないのですが(笑)

子供の頃を思い出すと、
結構いろいろと調子に乗っていたと思います。

で、ほとんどの場合、
どこかでつまづくわけです。

すると、親や先生から、

「調子に乗っているからだ」

と叱られてシュンとなります。

もちろんそれにへこたれずに、
何度でも調子に乗るやつもいました。

ただ私は打たれ弱かったので、
次第に調子に乗らなくなっていったのです。

たぶんこれを読んでくれている多くの方が、
程度の差こそあれ同じようにして大人になったのではないでしょうか。

もちろん親や先生は、
調子に乗りすぎてひどい目に合わないように、

「転ばぬ先の杖」

を与えてくれていたのでしょう。

でもそれが逆に、

「成長」

を妨げることもあると思うのです。

向上の形」という記事でも書きましたが、
「成長」というものは坂道を登るようなものではありません。

何かに気づいて飛び上がったかと思えば、
その反動で一旦沈むのです。

そしてそこから這い上がってきた時、
気付いたら以前よりも高い位置にいる。

その繰り返しが「成長」なのだとしたら、

「調子に乗る」→「失敗する」

という図式は「成長」そのものだと思えるのです。

だから、調子に乗る時は、
先のことなど考えずに思い切り乗り切ってしまおうかと。

そして失敗して、
地面にたたきつけられればいいのだと。

もちろんそのための、
メンタル的な受け身の修練をしながら。

皆さんも、
一緒に調子に乗ってみませんか?

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

明石~神戸で鍼灸・整体の往診をご希望の方はこちら
musou-tensei@eurus.dti.ne.jp

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~