緊張の中のリラックス

こんな夢を見ました。

>>>

かなり大きなホールの観客席。

幾分かの緊張感を感じながら座っている私。

目の前には高さ10mはあろうかという巨大な舞台。

そのヘリに10人程が横一列に並んでいる。

彼らは手に持ったトランペットの演奏を始めた。

場面が突然切り替わる。

私は舞台の上で出番を待っている。

数m先では10人程が演奏をしている。

10mはある舞台の端に立って。

背筋を伸ばして堂々と。

私は怖くて仕方がない。

演奏することではなくあの場所に立つことが。

そしていよいよ私の出番。

舞台の端に向かって歩いていく。

そこには高さ50cmほどの台が置いてある。

台はわずかに後ろに傾斜している。

その上に立つ私。

足がすくむ。

膝が震えそうだ。

なぜ他の人たちは堂々と演奏できていたのだろう。

<<<

というところで目が覚めました。

もちろん夢の話なので、
何の脈絡もありません。

トランペットも吹けませんw

ただ、目が覚めてふと気が付いたのです。

身体感覚的見地から見た、
高い所が怖い理由に。

それは、

「足裏の支点化」

が出来ていないこと。

足裏を支点として、
地面を感じられていないこと。

自分の身体と地面とを、
切り離して認識しているということ。

だから、
自分の体重を足の力で支えることが必要になってしまう。

少しでも前に倒れそうになったら、
つま先の力だけで踏ん張らないといけない。

そういう認識でいるから、

「怖い」

と感じるわけです。

目が覚めた私はすぐに、
同じ状況をイメージしてみました。

ただのイメージなのですが、
リアルに想像すればするほどお尻がムズムズしてきます。

そして、

「足裏の支点化」

のスイッチ(意識的なものです)を、
ON,OFFと繰り返してみました。

すると不思議なくらい、
感覚が変わるのです。

スイッチOFFにすると、
目がくらんで吸い込まれそうな感じがします。

それに対してスイッチをONにすると、
足裏から長い棒が地面に突き刺ささるように感じるのです。

そうやって地面としっかりつながっている感覚があると、
高所イメージの中での安心感を得られます。

なるほどと思った私は、
高所以外の緊張しがちな場面をそれぞれ思い描いて試してみました。

するとどんなイメージに対しても、
浮き上がりそうな自分をフッと楽にする一定の効果があるように思えます。

緊張するときというのはどうしても、
意識が上に集まって、

「下虚上実」

という状態になりやすいです。

そこで足裏が地面とつながっていることを意識して、

「上虚下実」

に戻してあげる。

結果として肩や胸、お腹の力が抜けて、

「緊張の中のリラックス」

を得ることが出来るのです。

今回私がやったことはいわゆるイメージトレーニングの一種ですが、
身体感覚の変化を追いながら行うことで、
より大きな効果を上げられます。

緊張しがちだと思う人は、
試しに一週間ほど続けてみてください。

1.緊張する場面をリアルにイメージする

2.足裏を意識する

3.足裏から地面、地下へと意識を伸ばす

4.緊張する場面のまま、地面への意識のON/OFFを繰り返す

心と身体の変化に気づけると思いますよ♪

P.S.

この夢を見たことで、

久しぶりにバリ島での45mバンジージャンプを思い出しましたw

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

明石~神戸で鍼灸・整体の往診をご希望の方はこちら
musou-tensei@eurus.dti.ne.jp

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

ラケットが落ちる感覚に身体を任せる

脱力卓球チャレンジ9日目。

東京合宿があったので、
3日の間ラケットとボールに触れられませんでした。

ボールリフティングをしても、
バックハンドが安定しない。

やはり武術の修練と同じで、
毎日続けることの重要性を感じます。

「継続は力」とはよく聞く言葉ですが、
一週間のうち1日だけ5時間練習するよりも、
毎日30分を続けた方が身に付くものなのです。

もちろん武術と同じだけの時間を取ることは出来ませんが、
それでも毎日練習を続けたいと思います。

そんな9日目の今日は、
卓球歴20年以上のIさんが修練に来られました。

前回の修練において、

「ラケットが落ちる感覚に身体を任せる」

ということを感じてもらったところ、
その後のスイングが良くなったと感じてもらえた模様。

そこで今回はご本人の希望もあり、
さらに腕の力を抜いてラケットが触れるような修練を行ったのです。

具体的には、

・肩や腕の力を抜いて腕を落とす

・姿勢を戻すことで腕を挙げる

といったような脱力して腕を扱う修練を行ったわけですが、

私自身が卓球の練習を始めたことで、
修練内容を考えたり説明したりすることがやりやすくなったと感じます。

さらにそれをIさんというフィルターを通すことで、
脱力修練を具体的に活かすイメージが湧いてくる。

手前味噌ですが、
ポジティブなフィードバックが出来つつあると思うのです。

「脱力卓球」、意外と早く形になるかも!?

「脱力卓球チャレンジ9日目 成果」
・ボールリフティング2000回
・Iさんとラケットを使った脱力修練

「脱力卓球チャレンジ10日目への課題」
・より確実にフォア・バック両面で、
そして左右の手でキャッチできるように練習する
・ボールリフティング計2000回
・吊るしボール打ち練習

最後になりましたが、
Iさん、
ありがとうございました。

現在の延長線上に無いもの

先週の土曜日から3日間、
武颯塾東京本部道場での合宿に参加してきました。

今回の修練におけるメインテーマは、

「身体の復元力を感じる」

というものでした。

例えば腕を押されたり捻じられたりしたときに、
身体はどう動きたいと言っているのか。

そんな「身体の声」に耳を傾ける。

もちろんずっと指導されていることなのですが、
あらためて集中的に修練したわけです。

そうやってよくよく身体の声を聴いてみると、
押されたり捻じられたりしたくはないはず。

それなのに自分の勝手な思い込みで、
動きをつくってしまう。

この、

「自分が勝手につくっているもの」

を認識して取り去ることこそ、
武颯塾における脱力修練の本質なのです。

そしてその結果としてあらわれる身体運動は、

「現在の延長線上に無いもの」

だということ。

このことを今回の合宿では、
師範から繰り返し指導していただきました。

・今やっている動作が上手くなれば…
・この感覚が研ぎ澄まされれば…

これらは何かに取り組んでいると必ず感じることだと思います。

もちろんそれが努力を続けるモチベーションになるので、
特に最初は絶対に必要なものではあります。

しかし脱力に取り組む場合、
ある時点からは逆に上達を妨げる働きをしてしまう。

ここが脱力修練の難しいところだと感じるのです。

「今の自分」が「こうなりたい」と思って努力をするにもかかわらず、
「今の自分」が身体に対して出している命令そのものが、
身体本来の動きを妨げているわけですから。

けれども「今の自分」が「ああしろ、こうしろ」と言っている限り、
身体本来の働きを引き出すことは出来ない。

どれだけ上手く命令を出し続けたとしても、
それは身体が本当にやりたいことにはならないのです。

だから、「今の自分」が命令を出すことを、
止める必要がある。

そうやって自分勝手な思い込みから、
身体を解放する必要があるのです。

そしてそのためには、

「師の教え」

が絶対に必要です。

なぜなら脱力修練は、

「現在の延長線上にないもの」

だから。

信頼できる師の教えに従って、
「今の自分」を一旦やめること。

これが今回の合宿で得た、
最大の学びだと感じています。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

明石~神戸で鍼灸・整体の往診をご希望の方はこちら
musou-tensei@eurus.dti.ne.jp

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

卓球とボクシングの共通点

脱力卓球チャレンジ8日目。

課題は、

・より確実にフォア・バック両面で、
そして左右の手でキャッチできるように練習する
・ボールリフティング計2000回
・吊るしボール打ち練習

でしたが、
実際に行ったのはボールリフティングだけ。

ただ、修練場所に卓球台があるので、
それを使って壁打ちの練習が出来ました。

壁打ちは人と打つよりもテンポが速いため、
どうしても手打ちになってしまいがちです。

それをどうやって身体とのリンクを切らずに動くか。

そして狙ったところにボールを打ち返すか。

感覚としては、
打撃のスパーリングをしている感じが近いです。

そういえばボクシングの長谷川穂積選手も、
中学時代は卓球部だったといいます。

リズムとフットワークが重要だという点において、
卓球とボクシングは共通しています。

もしかすると長谷川選手のスピードも、
卓球の練習で培われたのかもしれませんね。


「脱力卓球チャレンジ8日目 成果」
・ボールリフティング2000回
・壁打ち30分

「脱力卓球チャレンジ9日目への課題」
・より確実にフォア・バック両面で、
そして左右の手でキャッチできるように練習する
・ボールリフティング計2000回
・吊るしボール打ち練習

性能の違いが、戦力の決定的差ではないということを・・・

脱力卓球チャレンジ7日目。

課題は、

・より確実にフォア・バック両面で、
そして左右の手でキャッチできるように練習する
・ボールリフティング計2000回
・吊るしボール打ち練習
・動画教材の検討

でしたが…

1日オフにしました!!

というわけで卓球の練習はしていません。

ただ、大学で卓球部のコーチをされているIさんが修練に来たので、
色々と教えてもらいました。

特に、

「ラケットの違い」

は大きかったです。

以前卓球サークルに飛び込みで参加した際、
私の持参した1000円のラケットについて、

「それは違う」

と口々に言われた理由が分かりましたw

反発力と回転力が全然違うのですね。

リフティングをしても、
良いラケットを使うと勝手にボールがはねてくれます。

値段の違いは明らかに性能の違いとして反映されていました。

私が卓球だけに取り組んでいるのであれば、
すぐにでもラケットを買い替えたいくらいです。

ただ、武術の修練として考えると、
今のラケットもイイかなって思います。

どうやって力を伝達するのか、
どのように回転力を上げるのか。

身体の使い方を研究する上では、
あえて買い替える必要はないと感じています。

Iさんからも、

「初心者には飛ばないラケットを勧めている」

と言われましたし。

それに、ガンダムファンとしては言いたいじゃないですか。

「ラケットの性能の違いが、戦力の決定的差ではないということを・・・教えてやる!!」

って。

ちなみにシャアは結局ガンダムには勝てないのですがw

あと、動画教材を買うことにしました。

「遊澤亮 驚異の卓球上達法」

やってみて上手くいったことは、
どんどん紹介していきたいと思っています。

「脱力卓球チャレンジ7日目 成果」
・ラケットの性能の違いを理解した
・動画教材の購入を決めた

「脱力卓球チャレンジ8日目への課題」
・より確実にフォア・バック両面で、
そして左右の手でキャッチできるように練習する
・ボールリフティング計2000回
・吊るしボール打ち練習

「視点を変える」~踊る大捜査線FINALより~

昨日は久しぶりに映画を観てきました。

「踊る大捜査線FINAL」

普段の私なら、
このチョイスは考えられません。

ただ、

和佐大輔さんという方の教材でマーケティングの勉強をしていると、

「今までやらなかったことをやる」

という姿勢の大切さを痛感させられるのです。

意識的に新しいことに目を向けないと、
どうしても「パターン思考」に陥ってしまう。

「パターン思考」で生きている限りは、
「成長」などあり得ない。

「成長」しない人は、
一緒にいても面白くない。

それでは人は集まってこないということを、
教えられたのです。

だから、あえて観てみました。

「踊る大捜査線FINAL」

映画自体はテンポよく進んで、

「あ、これでシリーズ終わるんだ」

という感じで終わりましたw

ただ、考えさせられたシーンもありました。
(以下、ネタバレです)

それは青島達がお茶と間違えて「ビール」を発注してしまったシーン。

青島が同じ班の同僚(中国人)に、
捜査会議用に大量のお茶を発注するように頼みます。

同僚は発注をして、
経費で支払うための署名を求め、
青島はサインします。

ところがいざ注文の品が届いてみると、
それはお茶ではなくて大量の缶ビール。

経費でビールを頼んだことが署長の真下にバレたら、
青島が異動させられかねない。

というわけで、
あの手この手で真下からビールを隠すのです。

が、最後には見つかってしまう。

その時に青島が真下に言ったのが、

「署内で経費を使ってビールを購入したことが公になると、
署長の責任問題になってしまうから隠した」

という内容の言葉。

で、それを聞いた真下は、

「隠せ隠せ!!」

となるわけです。

映画の中ではクスクスと笑えるところなので、
まだ観てない人が読んでしまったらゴメンナサイ。

このシーンを観て感じたことが、

「視点を変える」

ことの重要性なのです。

青島達は最初、
真下を「敵」として捉えていました。

ビールが見つかると、
青島を異動させる「敵」であると。

ところが見つかった時に「視点」を変えて、
真下を「味方」にしてしまったのです。

ビールが見つかると、
真下が困ることになるという「味方」に。

それで結果としては事なきを得るのですが、
この「視点の切り替え」が武術においても重要だと思うのです。

武術というものは基本的に、
相手が自分に対して何か力を加えてくるわけです。

その時、相手を「敵」だと認識していると、
相手の力は自分を害するものになってしまいます。

ところが「視点」を変えることで、
相手の力を自分の力として使うことが出来るのです。

すると、力を加えてくる相手は「敵」ではなく、
むしと「味方」に近しいものとなります。

もちろん口で言うほど簡単ではありませんが、
武術とはそういうことを修練しているのだと、
映画を見て改めて考えた次第です。

「欲望解放」ココロコネクトより

以前にも紹介しましたが、

「ココロコネクト」

というアニメが面白い。

第1話~第5話までの「ヒトランダム」シリーズが、

「人格が入れ替わるとどうなる?」

ということをテーマに、

第6話~第10話までの「キズランダム」シリーズが、

「本当に言いたいことを言って、やりたいことをやったらどうなる?」

ということをテーマにして話が進みます。

「ヒトランダム」シリーズにおいて面白いと思った点は、

「何を以って『自分』というものは定義されるのか」

というところでした。

「キズランダム」シリーズで考えさせられたのは、

「人間関係とは、言いたいことを言ったら壊れてしまうような、
脆くて儚いものなのか」

ということです。

アニメの中では、

「欲望解放がおきると自分では抑えることが出来ない」

という設定があります。

これによって以前までの関係が壊れて、
新しい関係がつくられる過程が描かれています。

「人間関係の破壊と創造」というわけですね。

ほとんどの人が多かれ少なかれ、
自分の気持ちを抑えて生活していると思います。

特に仕事においては、サービス業を筆頭にして、
自分の気持ちを表に出すことは本当に難しい。

それどころか友達や恋人といる時でも、
必要以上に相手に遠慮して言いたいことが言えない。

そんな状況だからこそ、
こんな本が売れているのですよね。

でも、

「怒らないこと」

が本当にいいのでしょうか?

それが出来たら確かに

「便利」

だとは思います。

ただ、

「本当に望んでいること」

ではないと思うのです。

少なくとも私はそんなこと望んでいません。

本当に望んでいるものは、

「怒らないことで脆く儚い人間関係を維持すること」

ではなく、

「怒っても大丈夫な強くしなやかな人間関係を構築すること」

なのです。

皆さんもそうではありませんか?

せっかく時間を使って読むなら、

こういうことを学びたいと思います。

もちろんアニメの中だから、
結論としては丸く収まります。

現実においては上手くいかないことも多々あるでしょう。

でも、「本音を言う」ということは、
たとえ今の人間関係を犠牲にしてでも挑戦する価値があるのではないか。

それによってのみ、
新しい強くてしなやかな関係が作れるのではないか。

そんなことを考えさせられるアニメです。

脱力修練「膝落」

以前にも紹介しましたが、
武颯塾神戸修練会で行っている修練の例です。

相手に触れた状態から、
股関節や膝を一気に脱力させることで力を伝えます。

技術的なことももちろん重要ですが、
本当に大切なことは、

「自分と相手の全体を意識する」

ということです。

相手に対する作用を尺度として、

「どの程度全体を意識できたか」

を確認することが修練の目的なのです。

そして、修練で掴んだ「感覚」を活かして日常生活を送ることが、
武術に取り組む意義だと思います。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

明石~神戸で鍼灸・整体の往診をご希望の方はこちら
musou-tensei@eurus.dti.ne.jp

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

「ココロの置き所」

武颯塾で修練している「古伝陳式太極拳」は、
「武術」として指導されます。

私自身、これまでも当然、
そのつもりで修練を続けていました。

套路における様々な形において、
その意味や用法を意識して修練する。

「相手がしっかりと押さえていても動かせる」
という動きを切れ目なく行う。

その為の「力」が流れていることに、
意識を向け続ける。

もちろんそれはとても大切なことだけれども、
それだけでは「武術」にはならない。

最近、そんなことに気づきました。

では、太極拳が「武術」であるために必要なこととは何か。

私はそれが、「ココロの置き所」だと思うのです。

「ココロ」を自分と相手を等分に感じられる場所に置く。

そしてそれをキープしたまま動く。

これは相手に動きを押さえてもらうとわかりやすいです。

「自分だけ」「相手だけ」を意識して動いた時と、
「自分と相手」を意識して動いた時。

明らかに力の加わり方が変化します。

より抵抗なく、大きな力を発揮できるのです。

そして一人で套路を行うときも、
「ココロの置き所」を意識し続けるのです。

それがちゃんとできている時は、

「自分が動いている」

ということと、

「自分が何かに動かされている」

ということが重なり合ったような感覚になります。

この状態になって初めて、

「状況に応じた最適な動き」

となり、それがすなわち、

「太極拳を武術として修練する」

ことになるのです。

そしてこのことは、
日常のコミュニケーションにおいても同様です。

自分が普段人と会っている時のことを思い浮かべると、
「自分中心」か「相手中心」のどちらかになっています。

「自分中心」も「相手中心」も長続きはしません。

「自分中心」は相手が疲れてしまうし、
「相手中心」は自分が嫌になってしまうから。

そこで、「ココロの置き所」を探す必要があるのです。

「自分」と「相手」の全体を意識できるところが、
自分の「ココロ」となるようにトレーニングするのです。

その為の方法として、
身体で検証可能な「武術」は最適だと思います。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

明石~神戸で鍼灸・整体の往診をご希望の方はこちら
musou-tensei@eurus.dti.ne.jp

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~