高倉健「旅の途中で」

高倉健「旅の途中で」

先日、といっても2週間以上前の話。

NHKの「プロフェッショナル」という番組で、
高倉健さんが特集されていた。

内容は、

「あなたへ」

という映画撮影の現場で彼を追うもの。

そこでの彼の立居振舞(彼は撮影中ほぼ立ちっぱなし)や、
映画俳優という仕事に対する考え方に惹かれるものがあり、

「彼の何がこんなにも人を惹き付けるのか」

が知りたくて、
こんな本を読んでみた。

プロローグに書かれているのは、
撮影中に出会った女の子から、

「HappyBirthdayの歌とメッセージが入ったテープ」

をもらい、

「家族愛が無いこと」

「人に分ける幸せの有無」

について考えたこと。

私は最初から彼の世界に引き込まれました。

「不器用」

「寡黙」

という彼の役柄からくるイメージだけではない、

「人情」

「真心を込めたやりとり」

が印象に残ります。

そんな中でも特に心に残った話を、
幾つか紹介したいと思います。

彼は日本刀が好きで、
展示会に行くこともあるそうです。

そんな彼が惹かれた刀が、

「大包平」

という名刀。

「童子切安綱」

と並んで

「日本刀の東西の両横綱」

と称される一品だそうです。

彼は初めて見たときにはそのことを知らなかったようですが、

「大包平」

がもっている

「たたずまい」

に惹かれたといいます。

それは、

「命を賭け、心を込めたものだけが纏うもの」

だと感じたと言っています。

「たたずまい」

たしかに一朝一夕で身に付くものではありません。

けれども、

「そこに表れるものがすべて」

だという気もします。

武術においても、

「向き合った時に感じるもの」

が一番大切なのでしょう。

「何をするのか」

ではなく、

「誰がやるのか」

「どうやるか」

ではなく、

「どう在るか」

行為そのものではなく、
その「主体」の在り方がとわれているのです。

そういう意味において彼は徹底していると言えます。

「映画俳優はプライベートを見せるべきでない」

という彼の言葉は、

「映画俳優という仕事をする」

のではなく、

「映画俳優である」

「映画俳優として生きる」

ことを説いた発言なのでしょう。

そこに私(達)は魅力を感じるのではないでしょうか。

主体としての

「高倉健」

という人格まるごと、

「映画俳優」

という生き方に向き合っている。

そんな彼の「在り方」に、

「人としての美しさ」

をどうしようもなく感じてしまう。

それが、

「高倉健」

という人に惹かれた理由だと、
私は考えています。

なお、ここでは書ききれない素敵な話が、
作中にはたくさんあります。

印象に残っているキーワードを幾つか紹介しますね。

・パリで飲む「鉄観音茶」

・「役に近づいていく」

・「どんなにたくさん喋っても、伝わらないものは伝わらない」

・「一言に思いを凝縮する」

・「寒青」

・雨を楽しむ「番傘」「蛇の目」

・「目を閉じたときに浮かぶ大切な人がいるか?」

・「自由を求めることの難しさと哀しさ」

・「旅にはそれぞれの風、風にはそれぞれの香り」

・「暖炉の前で寝袋で寝るのが好き」

・「一日に1回、いや、一週間に1回でも、我を忘れて立ち上がって拍手したい」

・「カチンコ一つに心を込める」

・「希望を持たない魂なんて、まるで救いようがない」

・「見事撃沈したら、ホタルになって帰ってくるから」

・「心をもらう」

・「人生は巡礼である」

・「何をなしたか」ではなく「何をなそうとしたか」

本当に素敵な方で、
本当に素敵な本です。

是非、読んでみてください。

旅の途中で


P.S.

もっと多くの方に来て頂いて,
より幅広く学べる環境。

さまざまな取り組みをされている人たちが、
「脱力」というキーワードで交流できる場所。

武颯塾大阪支部と神戸修練会を、
そんな場所にしていきたいと思っています。

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

修練参加でも、質問でも何でも結構です。

ピンとくるものがあれば、
遠慮なくメールをください。

musou-tensei@eurus.dti.ne.jp
楽しみにしております!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身体の在り方が映像で見られます。

「太極拳・基本練功 第1巻 発勁体得 [DVD]」



「太極拳・基本練功 第2巻 内功推手 [DVD]」



「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

明石~神戸で鍼灸・整体の施術をご希望の方はこちら

大谷鍼灸整体

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です