夏バテ解消

夏バテ解消

今朝はこの夏初めて、
ツクツクボウシの声を聴きました。

早朝の明石公園では鈴虫も鳴いていて、
季節の移り変わりを感じられます。

自然に触れる時間を大切にしたいです。

とはいえ、まだまだ暑い日が続きます。

そして、いわゆる「夏バテ」をしやすいのがこの時期。

私の周りにも、

「食欲不振」

「睡眠不足」

を訴える人がたくさんいます。

この夏バテの一番の原因は、

「消化器の疲労」

にあります。

冷たいものを口に入れる機会が多くなり、
内臓を冷やしてしまうということが理由の一つ。

もう一つは、食事中に水分を多く摂ることで胃酸の濃度が下がり、
殺菌作用が弱まってしまうという理由です。

この二つの理由によって消化器が弱ってしまった結果、

「夏バテ」

を起こしてしまうのです。

このような状態を東洋医学では、

「脾虚」

といいます。

この「脾虚」は全身の倦怠感だけでなく、
「睡眠」にも影響を与えます。

眠りが浅くなってしまうのですね。

そこで、簡単な夏バテ解消法を書いておきます。

先にも述べたように「脾虚」が原因の夏バテを解消するには、
うってつけのツボがあります。

そのツボは、「足三里」といいます。

これを読んでいるほとんどの方が知っているとは思いますが、
簡単に説明しておきます。

ツボの場所は、

「膝小僧に手をかぶせて、薬指が当たる位置の少し下」

です。

あるいは、

「脛骨(すねの骨)の外側を下から指でなぞって、指が止まるところ」

という言い方もできます。

東洋医学においてこの足三里は、

「結局、足三里だけ治療してもいいんじゃない?」

と思ってしまうくらいに様々な症状に使用されます。

その理由はなぜかというと、
足三里は「脾胃」の特効穴だと言われているから。

「脾胃」は食べ物から「気(営気)」を取り出して、
身体に取り込む器官です。

ですから「脾胃」の機能を改善することは、
食欲を取戻して弱った身体を元気づけることにつながるのです。

具体的には、先ほど書いた「足三里」の場所を、
TVを観ながらでも押してください。

片足5分も押せば、
身体の感覚が変わるのがわかると思います。

人によってはお腹が鳴るかもしれません(笑)

もちろん指で押しても構いませんし、
ボールペンなど適当なものを使っても構いません。

それで逆に手が疲れるという方には、
こんなものもあります。

いずれにしても大切なのは、

「気持ちよく続ける」

ということです。

自分ならではの無理のない続け方を見つけてくださいね。


P.S.

もっと多くの方に来て頂いて,
より幅広く学べる環境。

さまざまな取り組みをされている人たちが、
「脱力」というキーワードで交流できる場所。

武颯塾大阪支部と神戸修練会を、
そんな場所にしていきたいと思っています。

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

修練参加でも、質問でも何でも結構です。

ピンとくるものがあれば、
遠慮なくメールをください。

musou-tensei@eurus.dti.ne.jp
楽しみにしております!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身体の在り方が映像で見られます。

「太極拳・基本練功 第1巻 発勁体得 [DVD]」



「太極拳・基本練功 第2巻 内功推手 [DVD]」



「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

明石~神戸で鍼灸・整体の施術をご希望の方はこちら

大谷鍼灸整体

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です