生活の中心に何を置くか?

生活の中心に何を置くか?

第2の習慣は、
「目的を持って始める」ということです。

この章の冒頭で、

「自分の葬儀において、
参列してくれた大切な人たちにどういう弔辞を述べてほしいかはてなマーク

ということを考えるよう指示があります。

自分がどういう夫であり、妻であり、
親であり、友人であり、仕事仲間であったのか。

自分の人格や業績、社会に対する貢献など、
どういったところを評価してほしいのか。

「人生の終着点において、自分が大切な人たちに求めること」

これが、「人生の目標」であると定義しています。

如何でしょう、普段深く考えることはほとんどありませんよねはてなマーク
私自身を顧みても、もっと目先の物事にとらわれていると感じます。

ですが、この「人生の目標」が明確になっていないと、
日頃の努力に価値を見い出しにくくなります。

せっかく頑張って何かを得ても、
手に入った途端にそれが不要なものだったことに気づく。

これはとても辛いことですよね。

そうならないためにも、
まずしっかりと「人生の目標」について考える必要があるのです。

…というのがこの章の主旨なのですが、
私個人としては、この章の中で触れられている、

「生活の中心に何を置いているか」

という部分に特に感じるものがありました。

ここでは、生活の中心に置かれるものとして、

・夫、妻
・家族
・お金
・仕事
・友人
・自分

などが挙げられています。

そして、それぞれを生活の中心に置いた場合に、
どういった形で思考や行動に表れるのかが書かれています。

それぞれを読んでいてもどれもピンとこなかったのですが、
割と最後の方で「コレだ!!」というものが見つかりました。

それは、今まで自分では考えてもみなかったことでした。

あまりにも無意識で当たり前の思考・行動パターンだったため、
全く気づくことなく生活してきたのです!!

けれども、それに気づいた上で自分の人生を振り返ると、
ほとんどの問題はそこから発生していると感じられます。

このことは、
自分自身に対する極めて大きな発見となりました。

これからの生活において、
本当に注意すべきものを見つけたのです。

「生活の中心に何を置くかはてなマーク

皆さんも一度、考えてみてください。

P.S.

もっと多くの方に来て頂いて,
より幅広く学べる環境。

さまざまな取り組みをされている人たちが、
「脱力」というキーワードで交流できる場所。

武颯塾大阪支部と神戸修練会を、
そんな場所にしていきたいと思っています。

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

修練参加でも、質問でも何でも結構です。

ピンとくるものがあれば、
遠慮なくメールをください。

musou-tensei@eurus.dti.ne.jp
楽しみにしております!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身体の在り方が映像で見られます。

「太極拳・基本練功 第1巻 発勁体得 [DVD]」



「太極拳・基本練功 第2巻 内功推手 [DVD]」



「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

明石~神戸で鍼灸・整体の施術をご希望の方はこちら

大谷鍼灸整体

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です