めまい・ふらつき

めまい・ふらつき

今日の午前中に来られた患者さんで、
「めまい」を訴える方がいらっしゃいました。

季節の変わり目で体調を崩しやすい時期でもありますので、
今回は「めまい」についてわかる範囲で書いていきます。

「めまい」を起こすといわれる疾患等には以下のものがあります。

・高血圧
・低血圧
・低血糖
・貧血
・メニエール病
・脳動脈硬化
・脳底動脈循環不全
・神経衰弱

症状はひどい場合はまずはかかりつけのお医者さんで、
上記のような疾患が無いか調べてもらいましょう。

特に、脳機能障害に関連するものは注意が必要です。

ただ、症状がお医者さんにかかるほどひどくはない、
或いはお医者さんで「異常が見当たらない」と言われた、
というケースもあると思います。

そういった方にとって、
自宅で手軽にできる「めまいケア」があるといいですよねはてなマーク

ということでここからは「めまいケア」を紹介します。

「めまい」の原因は大きく2つに分けられます。

1.脳機能障害によるもの
2.内耳機能障害によるもの

1についてはお医者さんにお願いしますということで、
ここで扱うのは2の内耳機能の障害についてです。

内耳には2つの機能があります。
一つは聴覚センサーで、もう一つが平衡感覚センサーです。

「めまい」「ふらつき」は、
この平衡感覚の失調によるものと考えられます。

平衡感覚にもいくつかあるのですが、
そのうちの一つが内耳の感覚細胞でキャッチされます。

内耳の細胞には「毛」が生えています。

そして、リンパ液の流れの状態をこの「毛」によって、
平衡感覚として感じるのです。

内耳に炎症があると、リンパ液の流れが滞ったり、
「毛」の状態が変わったりすることが考えられます。

それが、「めまい」「ふらつき」を引き起こすのです。

そこで、この内耳の状態を改善するために、
「めまいケア」を行うのですビックリマーク

方法は簡単です。
以前にも紹介した「ローラー鍼」を使います。

今回は、内耳の状態をよくするための、
「反応点」というツボのようなものを刺激します。

場所は、

「耳たぶの一番下の付け根あたり」

です。

1回あたり5分で構いませんので、
手が空いたときに根気よくローラーを転がしてください。

もともと代謝が悪い場所ですので、
「ダメもと」と思って気長にやってみてください。

きっと楽になりますよ!!

(以上の内容は、私が「神戸東洋医療学院」にて、
河村廣定先生よりご教授いただいた内容を、
私の理解できる範囲で書いたものです。)

P.S.

もっと多くの方に来て頂いて,
より幅広く学べる環境。

さまざまな取り組みをされている人たちが、
「脱力」というキーワードで交流できる場所。

武颯塾大阪支部と神戸修練会を、
そんな場所にしていきたいと思っています。

このブログを読んで興味をお持ちでしたら、
ぜひ、ご連絡ください。

修練参加でも、質問でも何でも結構です。

ピンとくるものがあれば、
遠慮なくメールをください。

musou-tensei@eurus.dti.ne.jp
楽しみにしております!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

太極拳において目指す身体の在り方が映像で見られます。

「太極拳・基本練功 第1巻 発勁体得 [DVD]」



「太極拳・基本練功 第2巻 内功推手 [DVD]」



「脱力」について興味のある方はこちらをご覧ください

武颯塾東京本部

武颯塾名古屋修練会

武颯塾大阪支部

武颯塾神戸修練会

明石~神戸で鍼灸・整体の施術をご希望の方はこちら

大谷鍼灸整体

脱力・練気武颯拳についての参考にコチラもどうぞ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です